overdose facebookページ SAPHIRE YouTube RSS

ボーカリスト。

ここ10年以上、トリオ編成でギター&ボーカルを務めてきたが、
いつの間にか、ボーカルをメインで務めている今日この頃。

それはそれでありがたーく、とても楽しんでいる訳なんだが、
結局、オレは元々ギタリストだっていう言い訳を楯に
歌に対して、どこか逃げ腰だったように思える。

ストーンズでもミックではなくキースを観てしまうし、
エアロでもジョー・ペリー観てしまうし。
シンガーに対して、あまり興味がないんだな。
でも一般の人は、ギターよりボーカル観てるんだろな。

とはいえ、そうも言ってらんないので、
そろそろボーカリストという立ち位置を
しかと受け止めようと思う。

そもそも、ギタリストで好きなのは
アンディ・マッコイ(ハノイ・ロックス)
ジョニー・サンダース(ニューヨーク・ドールズ)
キース・リチャーズ(ザ・ローリング・ストーンズ)

日本では
木暮武彦(レッド・ウォーリアーズ)
土屋公平(ザ・ストリート・スライダーズ)
あたりと言える。

じゃあ、ボーカリストで好きなのは?

村越弘明(ザ・ストリート・スライダーズ)
浅井健一(ブランキー・ジェット・シティ)
これって、ボーカルというよりボーカル&ギターだな。

今、必死で思い返して浮かぶシンガーは、
デビッド・ボウイ
日本では、
沢田研二
井上陽水
柴山俊之(サンハウス)
くらいだろうか。

それって、オレの現在のスタイルとは程遠いし
自分が成りたいと思う理想の姿ではないのかな。

じゃ、なぜボーカルやろうと思ったか?

結局のところ、オレはコンポーザー的な部分で
これまでもバンド演ってきたんだと思う。

自分で作った楽曲の世界観を人に伝えるには
やはり自分で歌うべきだろう、という発想が発端だ。

声の表情、身振り手振り、といったところで
その世界観を伝えてようとしてきたつもりだが、
そもそも自分で歌が上手いなどと思ったことがない。

じゃ、ボーカリストとしてオレは何をすればいい?

『叫ぶ!』 『暴れる!』 『踊る!』
このあたりはまぁクリアできるとして

『上手に歌う!』 『喋る!』
これは実際問題、大の苦手な分野だ。
もちろん克服しなけりゃいけないんだろうけど。

というわけで、表現の幅を拡げるために
今年はブルースハープをマスターしようと思う。
相変わらず邪道なんだけどね。
 

このエントリーをはてなブックマークに追加
にほんブログ村 音楽ブログ J-インディーズへ
| バンド | indies | 福岡 |
| 2018.01.26 Friday | MYSELF |
<< 年始はタミフル漬け。 | main | 弾き語る。 >> |