overdose facebookページ SAPHIRE YouTube RSS

アコギ弦の旅の途中。

アコギは弦によってかなり左右される。指弾きがしたいオレとしては、
フォスファーブロンズのライトに拘り、いろいろ試してみた。→参照
エリクサーの煌びやかな音は最高だが、テンションが高くネックが反る。
今のところ、DR緑か、DR赤か、ジョンピアースが好みかな。
この3つのうちどれが一番合ってるのか、もう一度じっくり試してみたい。

あくまでも全部オレの主観です。ギターにもよるし、好みは人それぞれやしね。
ちなみにGibson J200の2017年製だが奇跡的に鳴りの良いヤツを使ってます。
弾かない時は小まめに弦を緩めていたのに、最近ネックが順反り気味。悲しい。
長期で弾かない時以外は弦を緩めない方がいいとの説もあり、どっちがいいのか。

アコギの音って、弾いている本人が聞こえている音(振動で感じる音も含む)と、
少し離れた位置で聞こえる音(確認するには正面から録音してみる)は違うし、
さらにシールドをつないで出る音に関しては調整で全く異なるので、別物。
重点を置くとしたら、本人の心地よさに加え、録音してみる事が大事だろう。

今後の旅は以下の予定。自分の覚書として記録する。

DR Phosphor Bronze RARE RPM-12(緑)
012、016、024、032、042、054 評価★★★
6弦が他のライト弦より0.1太い分、深い低音の鳴りが響いて弾いてて心地よい
緑はローテンションというウリだが、押さえる分には問題なく弾きやすいのに
ネックはなぜか反り気味。弾かない時にはかなり緩めておかなくては危ない。
思いっきりストロークを掻き鳴らすと低音高音ともに絶妙なバランスで鳴り、
とても気持ちいい。ピックを使えば単音もいけてる。
でも肝心な指弾きだと音がこもりがちで、オレには適してない気もする。
ネックの反りを妥協する位ならELIXIR Custom Lightの煌びやかさを選ぶかな。
※7/15〜7/28の期間で試用

DR Phosphor Bronze VERITAS VTA-12(赤)
012、016、024、032、042、054 評価★★★
前回は赤が劣化して緑に張り替えたので、緑の方が良いと思ったのだが、
正しい判断じゃないかもしれないので、今度は逆に緑の後で赤を張ってみた。
緑同様に赤も6弦が0.1太い分、低音の鳴りの響きが良い感じだ。
緑より赤の方がテンション高いが、ネックはまったく反っていないのが安心。
赤は緑よりも指弾きには合っている。弱く弾いてもきちんと音が鳴っている
但し、弾いている本人は心地よいが、生音を録音すると6弦以外の音は細いかも
赤には1弦と2弦が2本づつ入っていて、もしもの時には助かる気の利きようだ。
今回は通常の銀色の弦の他に金色の弦が入っていた。こちら金属的な音色が独特で
キャラクターとしては面白くて悪くはないが、バランス的には鳴りが細い気がした。
※7/28〜8/18の期間で試用

JOHN PEARSE 600L
012、016、024、032、042、053 評価★★★★
やはりテンションが緩くて弾きやすく、ネックの反りも全く気にならない。
2日でギラギラ感がなくなり、深みのあるブルージーな音色が実に個性的である。
録音しても音に深みが合ってまったく問題ない。いつまでも弾いていたくなる。
上記で試した2種類のDRと比べても、オレはこのジョンピアーズが一番好みだ。
今回10日で音が劣化。寿命は早いが、それでも丸みのあるチープな味わいが良い。
但しJ200の風貌に似合った音かというと疑問。やはり煌びやかな方が似合うのか?
※8/18〜8/29の期間で試用

MARTIN MA540T LIFESPAN 2.0 92/8 PHOSPHOR BRONZE Light
012,016,025,032,042,054 評価★★★★
ブルース、指弾きと言えばマーチン。今回初めて試したが、なかなか個性的だ。
張りたてだと緩かったテンションが、時の経過と共に高くなり、5日でビンビンに。
でもテンション高いわりに、ネックの反りは全く気にならないのが良い。
音はまるでコンプレッサーが効いているかのように均一な音量で鳴るのが特徴だ。
やさしく弾いてもそこそこ音が出るし、逆に強く弾くと音量は抑えられる。
とはいえ、通常の弦より強めに掻き鳴らせば音量は上がるので、慣れれば大丈夫。

マーチンのギターは小ぶりでチープな音が特徴なので、それ用なんだろうね。
まさに指弾き用。上品な音色はジャンボサイズJ-200の風貌にも意外と合っている。
エリクサーほどはないが、程よく煌びやか。これはもう有力候補だ。
欲を言えば、日増しに高くなるテンションのせいで、弾きやすさがあともう一歩。
この太さだと10日が限界、1時間以上弾くと指が痛い。カスタムライトも試したい。
※8/30〜9/11の期間で試用

ELIXIR NANOWEB Phosphor Bronze Extra Light #16002
010、014、023、030、039、047 評価★★★★
エリクサーはダントツに煌びやかな音色が気に入っているのだが、残念なことに
テンションが高く、前回カスタムライトでもネックが反るので躊躇してしまった。
これまでライト弦にこだわってきたが、エリクサーの絶品な音色に諦めがつかず、
エクストラライトを試す。細いだけあってネックの反りもなく、とても弾きやすい
ライトより相当細い(1弦は0.02、6弦は0.06細い)のでテンションが落ちた分、
音に重みが欠けるかと思いきや、さすがに1・2弦は軽いが、中低音はいい感じ。
もちろんテンション高い弦と比べると軽いが、煌びやかでクリアな音色は流石。
時間が経過すれば1・2弦の軽さも解消するのでは?どうなるか楽しみである。
ただエクストラライト使うのって軟弱かね? 0.10ってエレキと一緒だよなぁ。
※9/13より試用中

ELIXIR NANOWEB 80/20 Bronze Custom Light #11027
煌びやかな音色だがテンションが高いエリクサー。フォスファーブロンズだと、
エクストラライトがベストだが、細すぎるのが自分的には軟弱に思えて気になる。
じゃあブロンズ弦だったらカスタムライトでもいけるんじゃないのか?
という疑問?というか冒険。飽くなき探求心ですな。

MARTIN MA535T LIFESPAN 2.0 92/8 PHOSPHOR BRONZE Custom Light
高級感な音色のマーチン LIFESPANのライトは、最初は弾きやすいのだが、
10日経つと長時間弾き続けるのが困難なほどテンションが高くなるのが厄介。
それならカスタムライトだとどうだろう?という疑問?というか冒険。

LIVE SCHEDULE
2019/08/16(金)天神Pleiades 出演:GlamDoll 他
2019/09/16(月)BarKINGBEE 出演:グラムロックイースター
2019/10/06(日)LiveSpace ZERO 出演:overdose

このエントリーをはてなブックマークに追加
にほんブログ村 音楽ブログ J-インディーズへ
| バンド | indies | 福岡 |
| 2019.07.28 Sunday | MYSELF |
<< 飛び入りの弾き語り。 | main | 8/16 グランドール【GlamDoll】ライブ >> |