overdose facebookページ SAPHIRE YouTube RSS

アコギJ200のサドルを削る。

手に入れて1年も経たないアコギ、ギブソンJ200。とにかく弦高が高い。
エリクサーのフォスファー弦やマーチンのLIFESPANのようなテンションの高い弦
に限ってなのだが、とにかく弾きにくい。でもオレはどうしてもその音が欲しい。
0.11のカスタムライトですら6弦の弦高3.2mm、1弦の弦高3.0mm。
ネックが反ってるんだと思い込み、弦を外して1週間ほど寝かしたが、直らない。

そこで気づいたが、弦を緩〜く張った状態で弦高を計ったら既に3mmある。
張ったらやはり3.2mm。でも12フレットを押さえた状態で純反りはしていない。
やはりネックの反りではなく、サドルが高いという事が判明した。

さっそくサドルを取り外し、紙ヤスリでゴシゴシ削ってやった。
少し削っては試し、足りなければまた削って試す。それを4回繰り返して、
6弦の弦高3.2mm⇒2.5mm、1弦の弦高3.0mm⇒2.0mm、と推奨まで削った。

ああ、なんという弾きやすさ。今までなぜ気づかなかったのだろう。
弦もエリクサーのフォスファーブロンズのライトでも弦高OK、これで決まり!


▲サドルこんなに短くなったけど大丈夫かね。

このエントリーをはてなブックマークに追加
にほんブログ村 音楽ブログ J-インディーズへ
| バンド | indies | 福岡 |
| 2019.10.23 Wednesday | MYSELF |
<< アコギ封印。ホワイトファルコンにアコギ弦。 | main | 10/27『おつなめ千秋楽』ちびっちゃかーず! >> |